クレカの失効というものはその言葉の通り理由の如何にかかわらずカードを退会(停止)されてしまうことを言います。強制没収になった場合には当然の話ですが対象となるクレジットカードがその瞬間からは、何をしても使用できなくなります。強制失効させられてしまうケースは色々>カードを有無を言わさずに没収させられてしまう理由は多岐に渡ります。一般的には普段の購入で使用する等普通にクレジットを用いている際においては読者が没収扱いとなる事情十中八九ないはずですから心配しないで欲しいと思いますが、強制没収となってしまう事情に関して覚えておくことによってカードをより安心して使用できることにもなると考えるため以下ではケースの一例を取り上げて言及したいと思います。兎にも角にも言えるものはクレジット会社の信用されなくなってしまう愚行をしたりまたはカードの会社の損失となりうる行為をしないのであればよほどのことがない限り強制退会となるようなことはないと言えます。安心して利用することが最優先であるためもうそのようなような愚行をやった心当たりがおありの読者は今後は綺麗な履歴データに挽回するように精進して欲しい。そもそも請求を返さない:この場合は全く言わずもがなのパターンであるのですがクレジットで使った請求額をクレカの会社に返済しない料金の踏み倒しをした場合、もしくは日常的な借金によって費用の弁済が滞るなどという時には、必ずと言っていいほど強制退会になることでしょう。元を正すとクレジットカードの発行会社は利用者のことを信用しているからこそカードを契約しているのだから、契約者が支払いを実施しない場合には蓄えた信用は全部崩壊してしまう。その結果、カードを利用できなくする手段で以後の損失拡大を未然に阻止する対策を講じることから、強制没収になるわけです。